Now Loadning

MENU

みなと祭り概要

  • HOME
  • みなと祭り概要

ごあいさつ

 本町の一大イベントであります「おながわみなと祭り」は豊かな恵みを私たちにもたらす海への感謝、そして先人との知恵とたゆまぬ努力によって培われてきました。「みなと女川」の発展と、基幹産業である水産業、水産加工業ならびに地域経済の活性化を図り、更なる躍進を期すことを目的に開催し、第54回を数えるまで盛大に開催されてまいりました。

 しかし、2011年3月の東日本大震災によって、女川町は甚大なる被害がありました。多くの困難の中、町内外の皆さんのご支援とご協力によって、復興を遂げることができました。そして、震災前にみなと祭りの会場となっていた海岸が新しく整備された2020年に「第55回おながわみなと祭り」を10年ぶりに復活させることとしておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大という新たな困難により、2年続けて中止せざるを得ませんでした。そのような中ではありますが、関係者のご理解、ご支援とご尽力のもと、2022年7月24日(日)に「第55回 おながわみなと祭り」を12年ぶりに開催する運びとなりました。

 美しいコバルトブルーの海に大漁旗をはじめ装飾を施した船に乗った各地区の獅子が、女川港内一円を勇壮に舞う「海上獅子舞」、町内小学生、中学校の演奏披露、伝統芸能「江島法印神楽」などの披露、有名演歌歌手による歌謡ショーなど震災前の祭りよりは数は少ないですが、お楽しみいただける催し物を用意しております。

 特にクライマックスの「海上花火大会」は、夏の夜空を焦がすほどの豪華な内容で、水中スターマインやジャンボスターマインなど、女川湾内から打ち上げられる花火をより間近にて迫力満点で見られるとともに、三方を山に囲まれた地形からの迫力ある音響も楽しめます。

 12年ぶりに復活する「第55回 おながわみなと祭り」を夏の思い出の彩りに加えていただきますよう、関係者一同、安全かつ安心な祭りの運営を心掛け、また新型コロナウイルス感染拡大防止対策に万全を期しながら開催いたしますので、皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

おながわみなと祭り協賛会 会長
高橋正典

おながわみなと祭りとは

女川町夏の風物詩であり、一大イベントである「おながわみなと祭り」は、豊かな恵みを私たちにもたらす海への感謝、そして先人の知恵とたゆまぬ努力によって培われてきた「みなと女川」の発展、さらに基幹産業である水産業、水産加工業の発展、地域経済の活性化を図り、更なる躍進を期すことを目的に開催されてきた。

「海上花火大会」「海上獅子舞」「ステージショー」など多種多彩なイベントで、年代問わず楽しめるイベントとなっていたが、東日本大震災による中断と新型コロナウイルス感染拡大に伴う中止を経て、12年ぶりの開催を町民は待ち望んでいる。

おながわみなと祭り 開催概要

1. 開催日
令和4年7月24日(日)10:00~20:00
大漁祈願魚魂祭:7月23日(土)
海難殉難者慰霊祭:8月15日(月)
2. 場所
女川町海岸広場
3. 開催内容
  • 海上花火大会
  • 海上獅子舞
  • ステージショー
  • 出店コーナー
  • 大漁祈願魚魂祭(7月23日)
  • 海難殉難者慰霊祭(8月15日)
4. 主催
おながわ四季のまつり実行委員会
5. 共催
女川町
6. 実施主体
おながわみなと祭り協賛会
   
7. 協力
女川町消防団、女川町行政区長会、女川商工事業協同組合、女川魚市場買受人協同組合、女川水産加工業協同組合、株式会社女川魚市場、女川建設組合、宮城県漁協女川町支所、女川町商工会青年部、女川水産加工研究会、金曜会、女川町獅子振り復興協議会、女川町社会福祉協議会、女川町地域医療センター、特定非営利活動法人アスヘノキボウ、潮プランニング株式会社、シーパル女川汽船株式会社、株式会社オーテック、女川町金融団、株式会社丸本組、東北電力株式会社女川原子力発電所、一般社団法人オナガワエフエム、女川町道の駅連絡協議会、女川産業区、一般社団法人女川町観光協会、女川町商工会、株式会社女川みらい創造 ほか

おながわみなと祭り

[ 主  催 ]
おながわ四季のまつり実行委員会
[ 後  援 ]
女川町
[ お問合せ ]
おながわみなと祭り協賛会
(一般社団法人女川町観光協会内)
TEL:0225-54-4328

 

TOP